使われていない土地活用で駐車場経営して収入UP|損ナシ活用術

貸し店舗として活用する

困る

土地が余っているという場合は活用しないと勿体無いでしょう。貸し店舗として貸してあげればその分安定した収入を得ることができます。コンビニに貸し出すという場合も多くあります。

詳細を確認する...

土地を駐車場にしよう

駐車場

あそんでいる土地で駐車場経営をするだけで、たんまりお金を儲けることが出来ます。土地が少ない日本列島。月極駐車場やコインパーキングから得られる利益は莫大なものになるのです。

詳細を確認する...

相続税について

空き地では損をしてしまいます

案内

空き地で持っておくことは大変な損害です。例えば、固定資産税です。空き地を持っているだけでも固定資産税はしっかりかかります。空き地が固定資産であることに変わりはないからです。しかし、宅地と違い優遇措置を受けることができません。空き地のままだと税負担が重くなってしまうのです。 相続税についても損をしてしまいます。相続税では、よく現金以外の資産で持つことが節税につながると言われます。現金は特徴のない資産で、優遇措置を全く受けられないからです。これは空き地にも言えることです。同じく特徴のない資産なので、何の優遇措置も受けられません。 土地を活用することで収入が入ります。さらに、税負担も減って支出も減ります。空き地で持っているという方は積極的に土地活用しましょう。

相続税を節税できる簡単な使い方

空き地に対する相続税の負担を減らすためにお勧めの方法が、駐車場経営です。賃貸業をしていれば、相続税の課税上において優遇措置の適用を受けることができます。小規模宅地等の特例という制度で、最大で土地の評価額の50%を減額することができます。 しかし、アパートやマンションを建てるとなるとかなりの出費が発生してしまいます。収入があるとは言え、そのために大きな借金をするというのは避けたいところです。そんな方には駐車場経営をお勧めします。建物を建てる必要がないため、出費は大幅に減らせます。それでも小規模宅地等の特例制度の適用を受けることができます。 ただ、アスファルトで整備されていることなど一定の要件を満たす必要があります。駐車場経営を検討している方は、一度税理士に相談してみて下さい。

土地を活用する

不動産

所有している土地がある人が土地活用する場合は方法を考える必要があります。駐車場はマンションやアパート経営と違い建物を建てるわけではありません。土地を取り巻く環境に合わせて活用方法を考えることが大切です。

詳細を確認する...